任せて安心の企業ランキング

第1位 アイケンジャパン

  • 生命保険のかわりにこちらのアパート経営が選ばれています

  • 入居しやすい!経営するアパートの場所も厳選されています

  • 管理業務もプロに任せられるアパート経営だから安心です

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

アイケンジャパンに対するみんなの口コミ

年金制度に不安を感じ、不動産投資を検討していました。アパート管理でいい噂を聞いたことから、アイケンジャパンで検討してみま...
ずっと不動産投資をしたかったのですが、この度やっと年収が増えてきたので、投資物件を検討してみることにしました。本業がある...
生命保険を検討していた時に、不動産投資という手段もあるということを知りました。家族に残すための生命保険なので、アパート経...

アパート経営のすべてをサポートします

購入、ローン返済、管理業務全般まで、アイケンジャパンはアパート経営に必要なオーナーの業務のすべてをサポートしています。

第2位 賃貸経営博士

  • アパート経営に役立つお悩み相談のコーナーがあります

  • 気になる情報を見ながら収益物件を探すことができます

  • 売却のことを考えて収益物件を購入するときにも適しています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

賃貸経営博士に対するみんなの口コミ

不動産投資を考えていたのですが、こちらのサイトを見て土地の残るアパート経営も悪くないなと考えるようになりました。経費など...
投資の初心者ですが、こちらでは多く勉強させてもらいました。実際に相談するときもこちらの記事から説明すると分かってもらいや...
賃貸経営博士で見つけたアパートを購入することになりました。いずれは取り壊して自宅にしようかなと思っているのですが、もし順...

賃貸経営のwebサイトを運営しています

賃貸経営博士を運営している株式会社博士.comは、こちらのサイトだけではなく、賃貸経営に関するwebサイトを幅広く手掛けています。

第3位 シノケン

  • 無料で参加できる不動産投資セミナーを行っています

  • 金融機関からの信頼で資金調達をスムーズにすることが可能です

  • アパート経営を始めたあとでもサポートしてもらえます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

シノケンに対するみんなの口コミ

シノケンのセミナーに参加した時に、具体的なメリット・デメリットのお話を聞くことができて、いい印象の会社でした。ちょうど理...
自分で住んでみたいほどいい物件があり、オーナーになることを決めました。立地や外観、内装、設備など、住むという視点で理想的...
購入したアパートは、住んでいるところから遠い場所ではあったのですが、以前住んでいたこともあり馴染みのある土地でした。投資...

アパート経営の企画とマーケティング

株式会社シノケングループは、アパート経営に関する信頼のネットワークを持ち、全国でオーナーをサポートしています。

第4位 東急リバブル

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

安心できる不動産流通を目指しています

東急リバブルでは、安心して資産を任せてもらえるような質の高いサービスを目指し、事業を展開しています。

第5位 レオパレス21

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

さまざまな土地活用を提供しています

レオパレス21では、賃貸経営、高齢者のための施設、店舗など商業施設、空き地や空き家管理、土地の売却するためのサポートなど土地を最大限活用するお手伝いをしています。

アパート経営とマンション経営の違いは?

ビル群不動産投資にはさまざまなものがありますが、今回はアパート経営とマンション経営にしぼり、それらの違いとは何なのかというところを考えていきたいと思います。それを考えるにあたってまず頭に入れておきたいことが、アパート経営とマンション経営の基本的な情報です。アパート経営とは、基本的に建物一棟を購入し、所有者として各部屋を入居者に貸すことで毎月賃料として不動産収益を得るという経営のことを指します。対してマンション経営は、賃貸需要の高い都市中心部に賃貸用マンションを区分所有し、そのマンションを第三者に転貸することで発生する毎月の賃料収入として不動産収益を得るという経営のことを指します。それでは、二つの違いとしてそれらのメリットを考えてみましょう。アパート経営のメリットとしては、不動産として実物資産になるというところや、部屋数が複数あるので不動産収益がゼロになる可能性が低いところなどです。対してマンションのメリットは、ワンルームマンションなら投資金額を少額に抑えることができるところや建物管理と入居者管理を分散させることで経営管理に手間がかからないところなどが挙げられます。このようなことからアパート経営とマンション経営の違いは、投資する際に土地を買う必要があるかということと、部屋の管理面にあると言えます。そしてそれらのリスクもそれぞれ違ってくることになります。

アパート経営を始める際に必要な手続き

マンションアパート投資としてアパートの経営を始めるにあたり必要な手続きはたくさんあります。その手続きとはどのようなことがあるのかを紹介したいと思います。まず、アパート経営の物件として新築のアパートを建設する場合は、どこの業者で建築を依頼するか決めなくてはなりません。また、建設費用をローンで支払う場合は銀行に融資を申し込みする必要があります。そこまでの手続きを終えることで不動産売買契約が締結され建築工事が始まります。次に、建物の不動産登記を行う必要があり、土地を購入してアパートを建設した場合は、建物と土地の登記をそれぞれ行わなくてはなりません。またその際、土地周辺の人に挨拶をしておくことも近隣住民とのトラブルを防ぐことにつながるので重要です。次に税務関係の手続きですが、個人事業主として開業届けを税務署に提出する必要があります。また、所得税の青色申告申請書や青色事業専従者給与に関する届出、減価償却資産の償却方法の届出なども合わせて提出しておくと確定申告時に、賃貸経営が赤字になっても3年間繰り越せたり、不動産所得から特別控除が差し引かれる、10室以上の規模の経営で専従者給与の支払いができるなどの利点があります。アパート投資でアパート経営を始める際には最低でもこれらのような手続きをする必要があります。

アパート経営のメリット

綺麗なマンションアパート経営として不動産投資をするメリットは何なのか、というところを考えていきたいと思います。アパート経営のメリットは多くありますので、その一部を紹介したいと思います。一つ目に、不動産としての実物資産が残るという点です。不動産の投資用のアパートを購入することで、年月が経ち建物が老朽化し価値がなくなったとしても土地自体の価値は残ることになります。つまり、購入した不動産の価値が全く無くなるということはないということです。二つ目は、相続や贈与税対策ができます。不動産を相続する場合には、時価で決まるのではなく固定資産台帳や路線価などから計算して出されて課税額が決まるので、現金資産と比べて税金を少額に抑えることが可能です。三つ目は生命保険の代わりになるという点です。アパート経営の経費を資金として金融機関から融資を受け取る場合は、団体の信用生命保険に自動的に加入することになり、万が一ローンの返済中に契約者が死亡しても保険が適用されてローンの残りは保険金から返済されるシステムとなっています。四つ目は、私的年金の確保がで可能という点です。不動産投資を始めれば人に賃貸として収入を得ることが可能なので長期的で且つ安定的に資産形成をしていくことができます。したがって、私的年金の確保にもなります。他にも考えられることは多々挙げられますが、アパート経営にはこれらのようなメリットがたくさん挙げられます。

アパート経営のデメリット

高層マンション不動産投資としてのアパート経営のデメリットとはどのようなことがあるのでしょうか。まず、アパート経営は部屋に入居者がいることで収入が入ります。そのため、空室の部屋がでてくるとその分の収入の減少や、全部屋入居者がいない状態になると全く収入がなくなってしまうという可能性もあります。また、アパートという建物を利用するので、建物の老朽化の影響で入居者が確保できないといった問題に直面することも考えられます。その結果、家賃を下げざるを得なくなり収入が減ることになります。さらには、地震や火災などの自然災害で建物が消失してしまう可能性もあります。そうなってしまっては収入どころではありません。建物自体のリスク以外には、入居者が失業などによって家賃を滞納してしまい収入が入ってこないという問題です。アパートに入居する人はそれぞれ違うので、その人がどのような人なのか、この人に部屋を貸して問題ないのかといった入居者の管理も必要になってきます。他には、賃貸管理会社の管理面に問題があったり、管理会社が倒産してしまうような可能性があることです。それにより入居者の確保の妨げになってしまうことも考えられます。このように不動産投資としてのアパート経営には、たくさんのデメリットが付きまとうことになります。

▲ ページトップへ