投資用物件はどう探す?
2017.05.23

赤いマンションアパート経営の物件はどのように探せばよいか、というのは不動産投資としてアパート経営を考えている方は気になる事の1つだと思います。そこで、アパート経営において重要な物件探しについて、物件の探し方の基本や種類、比較する際のポイントなどを紹介していきたいと思います。まず、収益物件としてのアパートには新築アパート物件と中古アパート物件の2つの種類があります。では、新築アパートと中古のアパートにはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。まず新築アパートのメリットですが、一つ目に挙げられるのがアパートの企画段階から参加できることです。利点としては、想定入居者やそれらの入居者のニーズを考えてアパートを企画する事ができるので空室対策を練ることができます。二つ目は、新築アパートというだけで、設備が新しいことなどを理由に高い入居率が期待できます。対して、中古アパートのメリットは、物件を安く購入できることです。その分、総投資金額をおさえることができます。また、物件を安く購入できることで利回りが高くなるという利点もあります。これらのようにそれぞれ考えられるメリットに対して、もちろんデメリットもでてきますが、全てを考慮した上で自分に合った経営ができる物件を選ぶようにしましょう。次に、物件選びと並行してアパートの立地も重要なポイントとなってきます。どこにアパートを建てるかで入居率は大きく変わってきます。しかし、立地が良すぎる土地を選んでしまうと土地価格が高くなってしまい投資額が増大し利回りが悪くなってしまいます。そのため、アパートの入居者を想定して、その人々のニーズに合わせた土地選びをすることが重要です。例えば、単身者向けのアパートだと最寄駅が10分以内の土地だと入居率が高くなり、家族向けのアパートになると各部屋が広くとれ、駐車場も設置できるぐらいのスペースが確保できる土地を選ぶことで需要が高まります。そしてこれらの物件や立地選びは将来性を考慮する必要があります。1つの物件でのアパート経営は短くても10年は続けていく事になるので、長いスパンで見て有益な物件を購入すべきです。また、途中で中古アパートとして売れるかどうかも考えておいたほうが良いでしょう。これらのように、アパート経営をするための良い物件を探すのは単純なことではなく、どのような人が入居するかを想定して物件や土地を選ぶことが重要になってきます。また、購入する物件の将来性も考えることもアパート経営をうまく続けていくために必要なことだと言えます。

▲ ページトップへ