どんな人がアパート経営をするの?
2017.05.23

白いマンションアパート経営をする人はどんな方が多いのでしょうか。高所得の方が資産運用で不動産投資としてアパート経営をしている方や、アパート経営だけで生計を立てているといった方などさまざまだと思います。アパート経営を検討している方はアパートの経営者として成功する人と、そうでない人の特徴を知ることで自分がアパート経営者として向いているかどうかを分析してみることも大事です。そこでこちらでは、アパート経営に向いている人について述べていきたいと思います。まず一つ目に、物件を重視して、物件がどのような場所にあり、どのような利便性があるかを考えられる人です。アパート経営での収入源は支払われた家賃からの収入です。そのため、入居者を確実に集める必要があります。そこで重要になってくるのがアパート選びです。目当てのアパートの空室率をみるだけではなく周辺アパートの空室率や、周辺の治安、近隣の騒音の有無を入念に調べることが大切です。ですので、自分から積極的に現地に足を運び、物件を確認することができる方が最低条件にあると言えます。二つ目は、リターンよりもリスクについて考える人です。アパート経営を考えるにあたり収入がどれほどになるのかはもちろん重要な項目ですが、それよりも大事なのがどんなリスクがあるのかを考えることです。空室ができたり、入居者が家賃滞納をしたり、災害でアパートが倒壊してしまったり、設備が故障してしまったりなど、多くの支出がでるケースが考えられます。これらの場面で、ピンチを切り抜けられるかどうかがとても大事にポイントなります。この点を考えずにアパート経営をするとリスク発生時に想定外の支出が出て、対処しきれずに赤字になってしまう可能性が考えられます。三つ目は、入居者の立場で立地や物件を選ぶことができる人です。アパートの経営は入居者がいなければ成立しません。安定して収入を得るためには入居者に長く住んでもらう必要があります。そのためには、アパート経営者が入居者の立場を考えて、住み続けたいと思えるアパートを管理する必要があります。全ての点をまとめると、どのような入居者がアパートに住むかを考えつつ立地や物件を選び、それに伴いその物件で得られる収入と支出のバランスをうまく設定し、且つ、入居者のニーズに合わせたアパートを管理していく事が大切だと言えます。そしてそれらを考えられる人がアパート経営に向いていると言えます。同時に、現在不動産投資としてのアパート経営で成功している人たちはこのような人に該当する人だと言えるでしょう。

▲ ページトップへ